• Shigeru Nishikawa

オステオパシーで免疫力アップ


一番身体にとってダメージを与えるものは不安です。

自然(からだ)に対する絶対的な信頼がオステオパシーにはあります。


大昔、わたしたちは、酸素が一番の敵でした。毒でした。

しかし、わたしたちは生きる舞台を陸に定め、少しづつ酸素と親和性を深めていきました。

時間をかけて親和性を高めていく、すべをわたしたちはもっています。それはガンしかり、すべてのウイルスしかり。

もう一度繰り返します。一番身体にダメージを与えるのは、不安です。欲からくる不安です。


目には見えませんが、結核、エイズ、放射能、さまざまなもののなかで私たちがいまある、という現実があります。今ある元気に力強く感謝します。

67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示