• Shigeru Nishikawa

水と光の重なり

朝、湖面を見る度に

その美しさと力強さに圧倒されてしまいます。

なぜ湖面に陽が差すとこうも輝くのでしょう。

とても美しく見えます。



珠のような赤ん坊、といいますが。

赤ちゃんもこの世に生まれると、光っていますよね。

全身が発光しているように見えます。

水80%といわれる赤ちゃん。

同じように、僕たちもも水60~70%を持つ、輝く存在です。


陽は絶えずあるわけですから、細胞が陽に向かって両手を広げた時。

つまりリラックスしたとき。委ねた時。

より輝くのではないかなと思います。

皆さんを見て触れて感動して。そんなことに思いを馳せています。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示