top of page
頭痛をきっちり治すために
頭痛、そして服薬を日常化してはいませんか?

こめかみが痛い。側頭部が痛い。目の奥が痛い。目の上や下が痛い。頭頂部が痛い。おでこがしめつけられる。後頭部がガンガン痛い。片側が痛い。肩こりを伴う。

吐き気・嘔吐感がある、めまいやほてりを伴う、手がしびれる、眼精疲労、息苦しい。

 

さまざまな症状に悩まされそれをお薬で簡単に処理されようとしていませんか。

 

 

自然(からだ)というのは、よくできておりまして、、

 

内→外→内→外、

 

休息→行動→休息→行動、

 

求心性(感覚)神経→遠心性(運動)神経→求心性神経→遠心性神経、

 

というリズムになっております。

 

​頭痛がご自分で改善、収束しづらい方は、

 

お休み下手といいますか、

 

内を観察するのがとても苦手です。

 

仕事→仕事→仕事→仕事、

趣味→趣味→​趣味→趣味、という方が多いです。

人は機械ではありません。

お日様のリズム(お天気)、

植物のリズム、

空気の循環のリズムと

歩調を合わせながら、力を頂いて、

日々好きなことができています。

「痛む」ということは、趣味や仕事という、外の対象に、

前がかり、になっている自分の意識を、

痛みを発信している、まんなか(脳と脊髄、中枢神経)に意識を戻してくれる

大切なからだの営みです。

 

もうひとつ大切なことをお伝えします。

なかなか抜けない、まんせいの痛みが、

比較的順調に治るきゅうせい(ケガ)の痛みと一番違う点はなんでしょうか?

それはまんせいてきな痛みは、

精神的なダメージを伴っている、ということです。

 

その抜けない肩の緊張が、

頼りにしていたお父さんからひどい言葉をかけられたり。

ぼうりょくを受けたり。

その時に感じた、悲しみ、怒り、憎しみ、しょうげきが、

例えば肩の筋肉に、

簡単には消せないこりやこわばりとして残るのです。

 

 

​だからあまりまともにそれと向き合いにくいのです。

 

頭の筋肉、帽状腱膜や頭斜筋も同様です。

 

 

 

 

 

ここからは本気100%の方だけ見てください。

ご自分できょうからできる、頭痛を治す方法

1日1回、何もしない時間。

目的を持たない時間。

ちゅうぶらりんな時間を作ってください。

横になりながら、あたまの痛みに意識を向けましょう

最初は1日10秒でいいのです。

寝る前の10秒を、素の自分、はだかの自分を

感じる時間にしてください。

こわくはないですか?ぼくはとてもこわいです。

 

でも、これがほんとうの自分です。

大自然の脅威と力といってもいい、

あなたの底力がそこに眠っています。

 

 

怖さのそばに元気​(健康)はあります。

ほんの少しでいいです。10秒でいいです。その怖さのかけらを感じてみてください。

 

 

痛みに、正直に知覚を開いたときに、何を

感じられましたか?

 

左ひざがかすかに痛くなってきました。(重要な関連痛)

右手のくすり先がぴくぴく動きます。(抑圧された緊張の解放)

何となく悲しい気持ちが湧いてきます。(緊張や興奮を伴う感情の解放)

このような自然と出てくる現象に対して、

解釈することなしに、10秒間

素直にリアルに受け入れてあげてください。

 

 

うまくリアルに感じられない方は、最近経験した悲しい出来事、

 

あるいは映画で見た悲しい場面、を思い出すことでもいいです。

 

 

日10秒間これをつづけることで、

内を見ることが、徐々に堂々とできるようになってきます。

外→内、

求心性(感覚)神経→遠心性(運動)神経

 

というリズムが身についてきます。

 

すると驚くほどからだは変わっていきます

 


 

無理をし続けてはいけません。いつでも身体は正直です。
軽やかな身体がモットーです。
bottom of page